高校生で身長が伸びない原因ってなに?

高校生で身長が伸びない原因ってなに?

 

高1・高2・高3の心も身体も大人に最も近づく時期である高校生の身長が伸びない原因は何なのでしょうか?

 

高校生になると、中学生とは違っていよいよ本格的に恋愛がスタート出来る時期になります。高校生になりバイトが出来るようになる事で、これまでよりも自由に使えるお金が遥かに増えて行きます。

 

これまでは自宅でしかデート出来なくても、遊園地に行ったり少しお洒落なカフェで大人の雰囲気を味わうデートを計画されている方も多いのではないでしょうか?

 

でも、もしその恋人が身長が高い人が好きだと聞いたら...。

 

仮にも既に高身長の方であれば全く気にする事は無いかもしれませんが、平均身長に届いていない男性・女性の皆さんは心底不安に感じている事と思います。

 

そこで、高校生が身長が伸びない原因は何なのか、そして身長を伸ばす方法についてもご紹介しようと思います。

 

夜更かしをする機会が多い

 

高校生になると、時間の使い方もかなり自由度が増しますよね。小さい小学生くらいの頃は親からも「早く寝なさい!」とこっぴどく怒られていた子も、勉強や部活、恋愛が忙しくなるからと睡眠に関して親もそこまでうるさくなくなるはずです。

 

そこに落とし穴があって、日を増すごとに眠りに就くまでの時間が長くなってしまいますと、結果的に睡眠時間が短くなってしまいます。

 

特に電車通いの高校生たちは大変ですよね。朝も早く起きないと学校に遅刻してしまいますから。

 

そのため、あまり遅い時間に寝てしまいますと睡眠時間が確保出来ずに、成長ホルモンがあまり分泌されないまま朝を迎えてしまう事になるんです。身長を伸ばすために最も大切なのは成長ホルモンですので、勉強などで夜遅くまで起きている高校生は、身長が伸びないと言うデータもあるみたいです。

 

高校生は身長がもう伸びない?

 

身長の伸びがストップしてしまう要因の1つとして、骨端線の閉鎖が挙げられます。生まれてからずっとこの骨端線と呼ばれる軟骨組織が骨の中に存在していて、これがある間だけ身長がグングン伸びて行きます。

 

ただし、骨端線が閉鎖してしまう平均的な時期が男性であれば15〜17歳、女性であれば14〜16歳と言われていますので、もしかしたら既に骨端線が閉じてしまっているのかもしれませんね。

 

この状態ですと何をしても身長を伸ばす事が出来ませんから、諦めると言う選択肢も加えておく事を検討しておかなければいけません。

 

急激に身長が伸びる成長期を経験しており、ここ数年程度身長に一切変化が無ければそれ以上身長が伸びない可能性は多いにあります。

 

サプリメントで最後の望みを繋げる

 

ただ、場合によってはまだ身長を伸ばすためのキーである骨端線が、高校生であっても残っている可能性があります。背の伸びが停滞している原因には、こちらの身長が伸びない原因は?のページでも解説しているように、栄養不足が挙げられます。

 

きちんとご飯を食べているつもりでも、本当に身長を伸ばす栄養が摂れていないから、骨端線が残っているのになかなか身長が伸びないだけかもしれません。

 

高校生はもう身長を伸ばすタイムリミットが秒単位で減っている時期、どうしても身長を伸ばしてみたいならこういったサプリメントを使ってみても良いかもしれませんね。