身長が伸びない原因はコーヒーにあった?

身長が伸びない原因はコーヒーにあった?

 

コーヒーを飲む事で身長が伸びないんじゃないか...と不安に感じている親御さんも多いようです。コーヒーって独特の苦みがあって癖になりますよね。特に朝の時間にゴクっと飲み干すだけでも、仕事へのモチベーションが一気にに高まるものです。

 

コーヒーを飲むのは私たち大人だけではなく、成長期を迎えていないような小さな子供が飲む場合もあります。

 

さすがに子供の場合は味覚を感知する味蕾細胞が大人よりも多い事もあってか、さすがにブラックでは飲めないとは思うのですが、コーヒーに牛乳を混ぜて少しだけ甘くして飲むと言う方も多いのだそうです。

 

苦味と甘さが絶妙にマッチをして、苦手な子供でも「これなら飲める!」と言って飲む機会もあるかと思います。

 

ただ、「コーヒーを飲むと身長が伸びない」と検索されている方も意外と多く、子供の成長が気がかりでしょうがない...と不安になってしまうようです。そこで今回の記事では、身長とカフェインを多く含むコーヒーについて解説をして行こうと思います。

 

コーヒーそのものは身長に影響無し

 

コーヒーを飲むと身長が伸びなくなってしまうと考えてしまう原因、それは恐らく含まれているカフェインによるものではないでしょうか?

 

カフェインと言うと覚醒作用があり、集中力アップや眠気防止にも繋がるため、子供の未熟な身体には悪影響が出てしまうのでは...と考えてしまうのも無理はないでしょう。

 

ただ、カフェインの摂りすぎは心拍数の増加や頻尿と言った副作用のような症状こそ出るものの、それ自体が身長の伸びを妨げてしまうと言った働きはありません。

 

ただし、短期間に一気にコーヒーを飲んでしまい、いわゆる急性カフェイン中毒に陥ってしまうと呼吸困難を引き起こしたり、場合によっては命を落とす事に繋がりかねません。

 

勉強の前に集中するためにコーヒーを1杯程度飲むのであれば全く問題ありませんが、何杯もおかわりをしたりする事は避けておいた方が無難です。

 

夕方以降はコーヒーを飲まない

 

コーヒーそのものには身長には影響しないと書きましたが、コーヒーを飲む事によって覚醒作用が起こり、夜に眠れなくなってしまうのは身長に悪影響が出る可能性は極めて高いです。

 

特に子供は大人と違って身体も小さいですので、ほんの少しのカフェインであっても大きな効果をもたらしてしまいます。学校に行く前の眠気覚ましでしたり、休日の勉強前であれば飲むと集中出来て勉強にも身が入るようになるかと思います。

 

ただ、平日の学校から帰って来た後の夕方〜夜の時間帯にコーヒーを飲んでしまうと、覚醒作用が残ったまま寝る時間を迎えてしまいますので、布団に入っても1〜2時間眠れないと言う子供も少なくないそうです。

 

睡眠の質が低下してしまうと、それだけでも成長ホルモンの分泌が悪くなってしまいます。その結果、身長が伸びないと言う事にも繋がりかねませんので、出来る限り夕方以降にはコーヒーを飲まないように心がけたいものですね。

 

睡眠を適当にすると身長が伸びない原因に!

 

量を少なく味を薄く

 

子供がコーヒーを飲む時には、出来る限り量を少なくしておいたほうが良いです。ある程度の量に慣れてしまうと、さらにカフェインが欲しくなってしまいカフェイン中毒になる可能性もあるからです。

 

あくまでもコーヒーを飲む目的は集中力アップのため。

 

子供は少ない量でも効きますので、小さじ1杯程度の少ない量で飲ませて上げると良いでしょう。

 

また、出来る事ならコーヒーを飲まなくても勉強に集中出来る癖を付けておく事。依存性もありますので、カフェインを摂らないと勉強が出来ないと言う事態にも繋がりかねませんので。

 

身長が伸びないなら見るべき!