子供が激しい筋トレをすると身長が伸びない?

子供が激しい筋トレをすると身長が伸びない?

 

骨が未発達な子供の内から筋トレをすると、筋肉によって骨の成長が妨げられてしまって身長が伸びなくなってしまう...と言われていますよね。でも、筋トレをして筋肉を強くしておくと、スポーツのパフォーマンス能力改善に繋がる事も多いです。

 

例えばラグビーを小学生ぐらいから始めている場合、当然身長も大きくて体重もある子供の方が有利であると言えます。特に筋肉で体重を増やしておくと、ぶつかった時にも当たり負けをしないようになりますし、走力もアップをしますのでチームの勝利に貢献しやすい選手になりやすいと言えます。

 

でも、筋トレをすると身長が伸びないと言う噂が蔓延しているせいか、技能や体力を高めたいのに筋トレが出来ない..と言う子供たちも少なくありません。

 

果たして、筋トレによって身長が伸びないなんて事はあるのでしょうか?

 

筋トレをしても身長は伸びます

 

ですがご安心ください。いくら成長期前の身体が未熟な子供だからと言って、筋トレをしても身長が伸びなくなるなんて事はありません。先ほどにも書いた通り、筋肉を付けると骨の発達を邪魔すると言われていますが、そもそも筋肉は常にガッチガチに固まっている訳でもないんですよね。

 

確かに血液を集めてパンパンに張った状態(パンプアップ)になると力を入れていなくてもカチカチですが、そうではなく普段のリラックスした状態であれば非常に柔らかいんです。

 

ボディビルダーやフィジーカーの方の身体を触ってみれば分かると思いますが、ふにゃふにゃしていて筋肉に対する常識が覆るかと思います。

 

そして骨の成長は多少筋肉が付いたからと言って、その程度で妨げられる程の軟な構造でもありません。スポーツ技術の向上や、カッコいい身体を目指すために子供の内から筋トレをしても何も問題は無いんです。

 

強度にだけ注意

 

ただし、重すぎるバーベルやダンベルを我武者羅に持ち上げていれば良い訳でもありません。確かに筋トレをしても問題無く骨は成長して行きますが、骨が伸びると言う事は大人の骨と比べれば非常に柔らかい造りになっているとも言い換えられます。

 

そのため、あまりにも負荷の強いウエイトトレーニングをしてしまうと、骨を傷めてしまう可能性は考えられます。きちんと無理のない程度の重さの筋トレをして行くのが望ましいですね。

 

骨は傷めてしまうと回復までに時間がかかってしまいます。その分練習が行えなくなってしまいますので、特にスポーツを頑張っている子供の場合は程ほどの負荷で鍛えるのが良いですね。

 

自重トレーニングは積極的に

 

そんな子供たちにおすすめなトレーニングは自重トレーニングです。自分の体重を重りにして鍛えていきますので、ウエイトトレーニングと比べると怪我のリスクは格段に下がります。

 

基礎的な体力や筋力の向上にも繋がりますので、これから鍛えていきたいとお考えであれば腕立て伏せや自重スクワットのようなトレーニングがおすすめです。1セットを20回、これを3セットこなすだけでもかなり筋肉は付いてきます。

 

後はスポーツに応じて脂肪の量を調節して行くと良いでしょう。相撲であれば筋肉と同時に脂肪を蓄える事も大切ですし、逆に持久力を要求されるサッカーや陸上の中・長距離を専門にしている場合は、出来る限り脂肪だけを削ぎ落として筋肉だけを際立たせて行きましょう。

 

身長が伸びない原因って?