オナニー(自慰)をすると身長が伸びない!

オナニー(自慰)をすると身長が伸びない!

 

特にこれは男性についての身長が伸びない悩みになるのですが、オナニー(自慰)をすると身長に影響が出るのかどうか...と心配に感じていらっしゃる方も多いようです。

 

私も息子の中学生の保健体育の教科書を読ませてもらいましたが、自慰をしても「身体には特に問題ありません」と書かれていました。ですが、果たしてこれは本当なのでしょうか?

 

身長に影響をもたらす

 

結論から言ってしまえば、自慰をする事によって最終的な身長が多少前後する可能性は極めて高くなると言えます。

 

成長期を早く迎えてしまう

 

大人になってからの身長を高くしたいのであれば、出来る限り成長期が来るのを遅らせた方が良いです。成長期が早く来れば来るほど、伸びる期間が少ない訳ですから当然身長も低くなってしまう傾向にあります。

 

そして自慰行為と言うのは男性ホルモンを過剰分泌させてしまうので、ホルモンバランスの乱れから成長期が訪れるのが早くなるというオーストラリアの研究データもあります。ただ、成長期が終わってからであれば身長には特に影響はありません。

 

まだ成長期を迎えていない、小学生や中学生の子供の場合気を付ける必要があります。

 

睡眠時間の低下にも

 

中学生や高校生の方が自慰をするとなると、多くの場合就寝前の時間になるかと思います。それだけでも睡眠時間を削ってしまう原因にもなりますし、性的に興奮をした状態が続いてしまうと、脳は寝たくてもなかなか眠れない事も多いのだそうです。

 

体は疲れているはずなのに眠れない。これでは成長ホルモンが分泌されにくくなってしまいますので、身長が伸びない原因にも直結してしまうでしょう。

 

オナニーは有害である

 

子供の身長が伸びない原因になる以外にも、肌が油っぽくなる、体臭がきつくなるなど、オナニーをしても百害あって一利なしです。どうして保健の教科書には無害と書かれているのか、それは必要以上に性欲をこじらせないようにするためだと推測されています。

 

例えば、権威ある教科書に「オナニーをすると身長があ伸びません」と書かれていると子供たちはパニックに陥るでしょう。特に成長期に差し掛かった子どもの場合性欲も高まる時期ですので、「身長は伸ばしたい、でも自慰行為をすると身長が伸びない...」と悶々とした葛藤に悩まされるようになるからです。

 

ただ、程ほどであれば大丈夫だと言えるでしょう。さすがに毎日自慰をしていると成長期が来るのが早くなり、身長に大きな影響をもたらすかもしれません。ですが、週に1回程度であればいくら身長が伸びる前とは言え、ほぼ問題は無いと言えるでしょう。

 

性欲と上手く付き合っていく事が、身長が伸びない原因を排除する秘訣であると言えます。

 

 

本当に身長が伸びない原因とは?